×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

総コレステロールが高い人は成人病の危険性

総コレステロールが高い人は、健康に気おつけなければいけませんね。総コレステロールとは、血液中に含まれているコレステロールの量を示しています。コレステロールが多くなると動脈硬化、糖尿病、甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群などになりやすいです。コレステロール値220mg/dl以上になる場合は、コレステロール値が高いために、コレステロール値を下げる対策などが必要です。コレステロール値の基準値は220mg/dl以下に保つようにする。コレステロール値が高くなると動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病の引き金になりやすいのです。このような総コレステロールにも続発性の原因として最も考えられるのは、ネフローゼ症候群に始まり甲状腺機能低下症、糖尿病などがあげられます。逆に総コレステロールの基準値が低い場合ですと貧血や吸収不良、肝臓病、甲状腺機能進などがおもに疑われます。高コレステロール予防には日々の食生活などにきをつけなければなりません。

総コレステロールを減らすための食生活改善

高コレステロールの予防など動脈硬化の治療法としてですが、腹八分目です。栄養の摂取などカロリーを抑え糖やコレステロール、たんぱく質の制限などがあげられます。総コレステロールを減らすために病院での治療や検査そして基本的なこととして食生活の改善です。食生活の基本的なところでは、動物性の脂肪の摂取豚肉、牛肉や豚肉、バターなどこれらの動物性の脂肪を控えることです。魚などに含まれるEPAやDHAが総コレステロール値を下げる効果がありますからこれらの魚類などを摂取するようにします。また腹八分目にして食べ過ぎないようにして肥満を解消するようにする。
料理に使う油は、動物性の油ではなく植物性の油を使って料理を作ります。コレステロールの高い食品など卵、レバーなどこれらの食品を控えて食生活を改善させ、総コレステロールを減らし成人病などの病気を予防していきます。

生活習慣病の生活改善とは

総コレステロールが高くなる原因としての生活習慣病その生活習慣病とは、糖尿病から始まり脂質異常症、高血圧やこう尿酸血症などあげられ発症の原因になり普段の生活習慣が深く関与していると考えられている。この総コレステロールが高くなる原因による生活習慣病ですが、肥満と複合する状態になるとメタボリックシンドロームと総称されます。このメタボリックシンドロームと呼ばれている肥満疾患は、3大死因要因とされるがん、脳血管疾患や心臓病など密接な原因と見られています。また最近では成人していない子供が生活習慣の変化によって、成人する前に成人病の糖尿病などを発症するケースが増えてきています。かつての成人病は、40〜60歳代の働き盛りに多い疾患、死亡率が高かった病気であった為に成人病でしたが、成人病になる年代は、下がる一方です。総コレステロールが高くなるかとによってリスクが高くなる成人病の予防として食生活の改善をし高コレステロールの原因になる動物性の脂の摂取を控え炭水化物の摂取をし食生活のバランスを保つことが大事です。

Copyright © 2007 総コレステロールが高くなると動脈硬化などの病気を誘発させます。